コールセンター 人材不足
THEME

課題から探す

コールセンターの
人材不足解消

コールセンターで
人材不足が起こる原因とは

一般社団法人日本コールセンター協会の「2022年度 コールセンター企業 実態調査」によると、年間の売上高の合計は、約1兆4,205億と2021年と比較して、約2,067億(17%)の増加となっています。ですが、その一方で、人材不足が叫ばれています。

人材不足の一因として挙げられるのが、研修体制の不備です。コールセンターの業務は、顧客対応力が求められるため、適切な研修が不可欠です。しかし、研修体制が整っていないと、新人スタッフが業務について理解できず、早期離職に繋がる可能性があります。

また、FAQが不足していることも、人材不足の一因となります。FAQが充実していることで、スタッフは顧客からの問い合わせに迅速に対応でき、業務負荷が軽減されます。逆に、FAQが不十分だと、スタッフの業務負荷が増大し、離職率が上昇する可能性があります。

さらに、在宅勤務の導入が遅れていることも、人材不足につながる可能性があります。在宅勤務を導入することで、育児や介護などで通勤が困難な人材も採用できるようになり、人材の確保が容易になります。

以上のように、コールセンターの人材不足は、研修体制の不備、FAQの充実不足、在宅勤務の導入遅れが原因として挙げられます。これらの問題を解決することで、コールセンターの人材不足は改善可能と考えられます。

コールセンターで
「人材不足」に関する
こんな課題はありませんか?

  • 研修体制の不足

    オペレーターの教育が行き届いていないことで、
    業務負荷がかかっている

  • ノウハウ共有が
    出来ていない

    チーム内で共有すべきノウハウが溜まっておらず、
    個人スキルに頼っている

  • 在宅環境が
    整っていない

    在宅環境が整っておらず、
    育児や介護を理由に離職者が多く発生している

日本トータルテレマーケティングが
その課題を解決します

コールセンターの
人材不足に関する
日本トータルテレマーケティングのサービス

コールセンター
オペレーター育成・研修

  • 基礎研修

    はじめて電話を受ける方・架ける方を対象とした研修です。
    電話応対者の基本スキル(マナー・発声・言葉づかい)を身につけます。

  • 応用研修

    基礎スキルを体得した、経験年数半年以上のオペレーターを対象とした研修です。
    より高度なオペレータースキルの向上を目指す研修です。

FAQ構築サービス CS_ANSWER

  • CS_ANSWERとは

    CS_ANSWERはNTMが開発したオリジナルのFAQシステムです。
    FAQの運用に必要なFAQの登録、カテゴリ分類、検索機能を備え、効果的な利用を促進します。

  • 3つの機能と導入効果

    • 1.FAQの登録時、2つカテゴリの設定が可能
      分類軸のカテゴリを設定することで、ユーザーの検索性が向上します。
    • 2.よく利用されているFAQを自動で表示
      問い合わせの多いFAQを自動でトップ表示することで、解決率が向上します。
    • 3.作成した最新のFAQを自動で表示
      常に最新のFAQを表示させることで、迅速な情報アクセスが可能です。

在宅コンタクトセンター CS_Re-MOTE

  • CS_Re-MOTEとは

    「CS_Re-MOTE」は、従来のコンタクトセンターと併用したハイブリッド型のサービスです。
    有事の際のBCP対策、多様な働き方による採用力の強化と、退職抑制による品質の向上を実現します。

  • ハイブリット
    オペレーションによる
    配置の柔軟性の実現

    • 1.オペレーターを短時間のみ配置することができる
    • 2.大型媒体や早朝媒体、土日に関しても、媒体時にピンポイントで配置することができる
    • 3.センター同様のシェアード(従量課金)としての配置、専任オペレーターとしての配置、どちらで対応することも可能

コールセンターの
人材不足に関する
日本トータルテレマーケティングのサービス資料

各種ソリューション導入実績は1,000社以上!
日本トータルテレマーケティングにお任せください

  • 外資系スポーツアパレル
    メーカー日本法人
  • 外資系アパレル
    販売ECサイト運営企業
  • 国内最大手
    家電量販店
  • 自動車メーカー/
    自動車販売会社
  • 大手新聞社
  • 国内大手
    宅食事業運営企業
  • 大手調査会社
    (世論調査等)
  • 大手ハウスメーカー
  • 大手通信販売企業
  • 中央官公庁/
    地方自治体
  • 外郭団体等
  • 統合電気機器メーカー